ホーム > 沈式頭穴療法等療術士養成講座

沈式頭穴療法等療術士養成講座

《講座概要》

 この講座では沈 再文医学博士が開発・発展させた「沈式頭穴療法」・「大脳相反抑制理論とその療法」・「三角枕(ブロック)による施術法」の施術技術を教え致します。

このコースの最大の特徴は医学や解剖学などの知識がない初心者でもマスターできる施術技術です。二日間という短期間の講義を通して、マスターできます。

すでに開業している治療家や施術家にとっても、プラスになる技術で、すぐ応用していただけます。開業したいとお考えの方にとっては、必ず役に立つ技術の一つを取得することができます。

医学基礎のない一般の方々にも容易にマスターできる技術で、家庭医学として、家族の健康管理にも非常に役立ちます。 

 

沈式頭穴療法

 

頭針とは針で頭皮の下に刺すことにより、病気を癒す治療法です。1970年、中国医師焦順発が大脳解剖の原理で頭穴を決め、初めて頭針治療法を発表しました。この頭針治療法は特に脳卒中後遺症や神経系疾患などに著しい効果があるため、注目されました。

 

その後、多くの方々がそれぞれの理論で頭針治療法を開発しました。さらに、WHO(世界衛生組織)の国際会議で頭針標準化の法案が作られました。

 

日本の医師山元勝敏先生が中国の頭針を元に新しい頭穴を考案し、山元式新頭針療法を開発しました。現在、全世界で14国以上の国で彼の治療法を応用されています。

 

沈式頭穴療法とは沈再文医学博士が40年の間に中国、カナダおよび日本での臨床経験により、まとめた1つの治療法です。

 

沈式頭穴療法の最大の特徴は頭皮の下に刺す鍼灸の針を使わず、沈氏が考案した「銀針」(約2㎜の太さ)で、頭皮の上に置くという方法を使います。消毒の問題がなく、痛みもあまり感じない、誰でも自身のケアや家族のケアとして使えます。

 

沈式頭穴療法とは沈再文氏が長年の経験で頭の3部位に人体のマップと耳1つの人体のマップを使い、2本の銀針(他の金属の棒でも代用できる)で、症状によって、4つのマップのつぼに数秒だけ置きます。

 

非常にシンプルな方法で、座位で着衣のまま施術できます。リラックス効果が抜群で、さまざまな痛み、痺れがとれ、即効性が現れます。神経系の疾病をはじめ、さまざまな疾病にも著しく効果があります。ストレス解消、睡眠質の向上、脳の活性化による認知症の予防や学習能力の向上などにもよくお役立ちます。

 

現在、沈式頭穴療法は日本の特許庁の商標登録を取得している最中です。この講座では沈式頭穴療法の全ての内容を公開します。これから、沈式頭穴療法を普及するため、この療法を教えられるティーチャーの養成も考えています。

 

大脳相反抑制理論とその療法

 

 内臓の痛みをのぞき、身体の痛みはほとんど筋肉の緊張により、引き起こします。生理学の原理により、この痛みを感じる脳内の興奮巣が存在します。この興奮巣を消去すれば、身体の痛みが消えるし、筋肉の緊張も弛緩され、正常な状態に戻ります。

 

ある原則により、身体を一定の姿勢にキープして、緊張している筋肉を緩め、脳内の興奮巣を消去できます。かかる時間はわずか10秒~30秒ぐらいです。

 

患者の痛みが出ているところは触れなくても、痛みを感じるようなことはありません。やさしいタッチでの施術ですが、短時間の間に患者さんの身体が変わってきます。

 

全身のあらゆる痛み、重度の腰痛、ヘルニア、五十肩、脊椎側弯症など症状でも、瞬間的に改善されます。さらに、脳が自動的に筋肉を緩ませ続けるため、施術効果の持続性も抜群です。

 

施術対象者は幼児から高齢者まで安全に施術できます。

 

施術者の方が解剖の知識がなくても、初心者でも施術ができます。

 

 

三角枕(ブロック)による施術法

 

三角枕は背骨を調整する道具として、カイロプラクティックで用いられています。2つの三角枕を左右の骨盤に入れて、骨盤と背骨を調整する方法です。骨盤と背骨などの構造をよく分からなければ、なかなか使えません。使い方も割合複雑で、一般の方は使いにくいです。

 

沈再文医学博士が今までの経験で、施術法を5つのパタンにまとめ、誰でも簡単にマスターできる施術技術になりました。

 

しかも、数秒で全身を調整・活性化できる方法になります。全身の関節を緩め、活動範囲を広め、背骨がまっすぐなり、手指の関節まで柔らかくなります。また、全身の筋肉の力も増強します。

 

背骨と全身のバランスの調整だけではなく、骨や関節などの疾病を癒します。脳脊髄液循環の改善により、脳の活性化・生命力や免疫力の向上により、健康回復や健康増進に非常に役に立ちます。

 

施術家としては、今までの自分で施術技術にいれ、施術効果が大幅にアップできます。一般の方としては、自分でもやれる方法で、毎日の自己あるいは家族の身体の調整や活性化にして、元気になる家庭健康法になります。

 

養成講座の主な授業内容

施術名称 内容
沈式頭穴療法

 沈式頭穴療法の4つのマップ、銀針の置き方、各疾病の配穴、治療法、注意点

三角枕による施術法  この施術法の基本原理、三角枕の置き方、5つの基本置き方と疾病の癒し法
大脳相反抑制理論とその療法  大脳相反抑制理論の基本原理、首・肩の痛み、五十肩、腰痛、及び全身のあらゆる痛みの解消方法
         

募集と入学

■ 募集要項

募集学科:

沈式頭穴療法等療術士養成講座(2日間コース

募集定員:

15名

授業時間:

2018年5月20、617日(第3日曜日)

10:00~17:00

■ 入学時期

5月

20日

■ 学費について

・入学金

30,000円

・授業料
・教材費等

198,000円

テキスト、金メッキのアルミ針2本、学院のT-シャツ、認定料などを含みます)

金額は全て税込表示

(1)学費納入は全額納入を基本としますが、授業料のみを前期・後期の2回に分けて納入できます。

(2)一旦納入した入学金・学費・諸費用は原則として返還できません。

——-